忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハチ公の命日、サイト五周年

 今日はハチ公の命日です。
 そしてサイト開設五周年でもあります。
 この日はサイトを更新したかったのですが、目下多忙中でありますのと、接続が行われずアップできない不具合もありまして、本年はサイト更新をお休みとさせていただきました。そのかわり、四月の慰霊祭の日には少し資料を公開できたらと思っております。

 今まではよく、この日にハチ公を偲び、愛犬に家で作ったやきとりを食べさせていました。しかし、その愛犬ももうおりません。ハチ公と同じところへ行ってしまいました。

 昨年夏、渋谷へ行きました。都合あってハチ公像を見ることは叶いませんでしたが、この町にかつてハチ公がいたのだと思うと、不思議な気持ちになったものです。
 手元に資料がないので書名失念しましたが、当時のアベック向け名所案内に渋谷駅が紹介されており、駅前の図には「ハチ公のいる場所」というのが書き込まれています。モガモボたちはデートでハチ公を見に行ったりしたのかもしれませんね。
 また、当時のハチ公が描かれている面白いものに、探偵小説があります。
 連続殺人事件、その新たな被害者を知らせる号外に、寝ていたハチ公が慌てて飛び起きるというシーンです。
 丁度ハチ公のいた頃は、江戸川乱歩をはじめとした探偵小説家が競って名作を発表していた時代です。当時の様子を窺うことができる面白いコラボだと思います。他にも探してみたら、意外なところでハチ公は顔を出しているかもしれませんね。
 当サイトでは、ハチ公のみならず、ハチ公と関わった人たちや、あの頃の時代背景、風俗史を共にご紹介していきたいと思っております。
 軍国主義とも合わせて考えられることもあるハチ公ですが、むしろ、昭和モダニズム時代華やかなりし頃、よくも悪くも日本の古きものが失われ、生活も発展していった背景とつながりがあります。
 モガモボが闊歩していた、変わっていく街の姿を、ハチ公はどんな思いで見つめていたのでしょうか。
 冒頭に書いた名所案内からも、デートに訪れた男女を、あの優しい目で迎えてくれたハチ公の姿が、目に見えるようですよ。丁度、今のわさおくんのような感じだったのでしょうね。

 さて、五年前にこのサイトを開設した時に、私は開館のご挨拶を書かせていただきました。サイト改装した際に下げてしまったのですが、それもまた後程復活させたいと思います。
 ここでは、あいさつの締めくくりとして書いた、拙いうたのようなものを再録させてもらいます。

 またも春めぐりて忠犬ハチ公忌(平成20年3月8日)

 それでは今年もまた、ハチ公を偲びつつ、全ての犬よ健やかにあれよと願いて。

 追記。ツイッターをはじめました。ハチ公館長という名でやっております。フォローお気軽にどうぞ。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[06/01 ハチ公館長]
[03/24 なお]
[03/03 cfoster]
[08/01 cfoster]
[04/18 ハチ公館長]

最新TB

プロフィール

HN:
ハチ公館長
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析